酒と音楽、そして作業療法の話

主に作業療法、時折音楽や子育てのことを、酒を飲んだりしながら書いていきます。

結婚、子供、コスパが悪いのか?

f:id:sake_ot:20190519224930j:plain

 この記事では、結婚や子供を産むことはコスパが悪いということに対して、考えたことを書いていきたいと思います。筆者は、既婚、子供一人、そろそろ二人目も生まれます。

 

 最近、ツイッターで結婚はコスパが悪い、子供なんかいたらもう無理ぐらいな勢いでつぶやきをしている人を時折見かけます。後はこの記事なんかにちょっと色々書いてありますね。

 

独身男が「結婚コスパ悪い説」を信奉する理由 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

 

 豆腐メンタルの私なんかは、ちょっとドキッとするわけです。

 

「あれ、この先大丈夫かな…?」と

 

 私としては、結局のところ独身にしろ、既婚であろうと、子供がいようといなかろうと、皆それぞれのリスクや苦労を背負っているわけですから、本当は何とも言えないはずだとは思うんですけどね…。

 

 

 ただ、私個人としては、まあ結婚して、子供を授かったことに対してはそんなに後悔することは今のところありません。

 

 何が一番きつかったって…お酒の量を減らすことでしょうか…笑。ただ、自由な時間は確かに少なくなるので、結果として、他のことを優先的にやるようになったということだと思います。

 

 今のところ、結局子供がいなかったら、音楽聴いて、毎週土曜日は二日酔いで昼くらいまで寝ている生活が続いていたでしょうから、以前よりは生活にメリハリがついたかなとは思います。

 

 とはいえ、経済面の心配はありますよね…。ただ、時折思うのはみんな何にそんなお金が必要なんだと、時折思うことはあります。それ相応の生活をすればなんとかなるかなぁと個人的には思っています。上手くいかなそうな場合はまたこのブログに書きますね…笑。

 

 共働きして、車は持たないで、ボーナスはなるべく貯金すれば、まあそれなりになんとかなるかと今のところは思っています。細々と、身の丈にあった生活をしていくしかないかなぁというところでしょうか。結構不安をあおる人たちはだいたいどれぐらいお金がかかるかあまり計算していないんじゃないかなという気はするわけです。まあ、お金なんて山のようにあればそれに越したことないですが…。 

 

 誰しもがマッチョな働き方をしてメンタルを崩さないわけじゃないですから、ほんと命大事に、の作戦で細々と日々を戦っていくというのが凡人にできることじゃないでしょうか。

 

 

 

 今日はなんとなく、娘をひたすら電動自転車にのせて、近くの海のあたりまで行っていたときに、

 

 週末飲んで、二日酔いになって、また淡々と仕事をする日々よりは、

 

 酒は少なくなって、以前の知り合いと会う機会も減ったけれども、こうやって、子供と過ごす時間がある、

 

 ということは、なんとなくいいなぁと感じました。

 

 

 

 

 今は極端な資本主義社会と、なっているので、ついつい、金銭面で考えると結婚なんか、子供なんかリスキーすぎるというのもわかるのですが、もう少し広い価値観を持って生きていきたいなぁと思いました。

 

 まあ、ただ結局は人それぞれですので、いろんな生活があると思いますが、それぞれの充実した生活を送っていけるといいですね。

 

 まとまりは無いですが、今日感じたことを少し書いてみました。

 

 では、また!